イタリア食材「ベリッシモ」店長日記

第9回「アペリティーヴォなワイン会 西小山SP」開催!

品川区西小山の人気トラットリア「Y(ワイ)」さんでワイン会。
定期的にベリッシモのワインを仕入れてくださる店です。
今回は、ベリッシモお勧めのピエモンテワインを中心に
15種類、一挙に空け試飲する機会を作りました。
会費はなんと飲み放題で4,000円(税抜き)。
c0003150_01312065.jpg
特筆すべきは、ピエモンテを代表するネッビオーロ(赤)の飲み比べ。
ステンレスタンク貯蔵のものから、樽熟ものまで5種類もあります。
レストランでは、高価なバローロ・バルバレスコなどを
グラスで注文することは難しいですが、
今回は20名ほど集まったので実現したのです。お得な試飲会〜♩
c0003150_01312456.jpg
c0003150_01312218.jpg
c0003150_01312307.jpg
c0003150_01312175.jpg
c0003150_01312471.jpg
熱い語りで終止、接客をこなしたマルコと
ご参加くださったワイン仲間の皆様、有難うございました!
今後もいろいろ企画しますので、お楽しみに〜。


# by ryoji_shimizu | 2015-03-08 01:45 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

幕張メッセで2015FOODEXに参加!

久々にFOODEXで仕入先のメーカーをお手伝い。
初めてベリッシモのワインを一挙に展示しました。
c0003150_01243263.jpg
c0003150_01243173.jpg
イタリアのコーナーでは、ヴェネチアン・カーニバルの仮装行列で
会場を盛り上げていました。
c0003150_01243185.jpg
さらにリグーリアのジェノヴェーゼ・ペーストの作り手
「RANISE(ラニーゼ)」もベリッシモがお手伝い。
c0003150_01243049.jpg
大勢のプロフェッショナルが来場してくださり、
貴重な商談の場をいただきました。
有難うございます!


# by ryoji_shimizu | 2015-03-08 01:28 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

2015バレンタインフェア、無事に終了

今回も、日本全国50カ所近くの百貨店会場に
MAJANIのFIATチョコレートが並びました。
たくさんご来場いただき、有難うございました!
c0003150_01134572.jpg
c0003150_01114477.jpg
京都高島屋⬇
c0003150_01114510.jpg
c0003150_01134723.jpg
梅田阪急⬇
c0003150_01134654.jpg
熊本鶴屋⬇
c0003150_01134559.jpg
日本橋高島屋⬇
c0003150_01134518.jpg
鹿児島山形屋⬇
c0003150_01134499.jpg
横浜そごう⬇
c0003150_01134347.jpg
怒濤のバレンタインフェアが終了。
最後に広尾の本格トスカーナ・リストランテ
「ラ・ビスボッチャ」で打ち上げ♩
c0003150_01144417.jpg


# by ryoji_shimizu | 2015-03-08 01:21 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

今年も宜しくお願いします

c0003150_02325066.jpg
世界で一台だけのオリジナルFIAT500 ABARTHで、
店長は今年も日本中を旅して回ります。
宜しくお願いしますね〜。
(手前味噌だけどかっこいい〜♩)


# by ryoji_shimizu | 2015-01-25 02:34 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

Merry Christmas and Happy new year 2015


c0003150_19131748.jpg

# by ryoji_shimizu | 2015-01-06 19:14 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

最近あったこと【ワインを販売していて思うこと】

c0003150_01063716.jpg
 立て続けに大型台風に直撃された日本列島。
 イタリアワインも、この夏は天候不順に悩まされているようです。
 昨年のオリーブオイルもそうでしたが、今年もなんだか妖しい雰囲気。
 こればかりは、様々な要因もあろうかと思うし自然には逆らえません。

 台風一過の今週、私はあちこちに営業に出かけていました。
 同時に、全国の百貨店ではイタリアフェアに初の4カ所同時出店。
 体一つではどうしようもないので、各地のスタッフ総動員で
 店頭にいらっしゃるお客様にアピールさせていただいております。

 私の目下の訪問先といえば、ワインの取り扱い先が中心です。
 ワインを始めるまでは、実態をまったく知らずにいましたが、
 いざ活動を始めてみると、いろいろと分かってきました。

 今はとりあえず卸先としてレストラン様が多いのですが、
 彼らが頼りにしている「卸問屋」様にも同時アプローチを。
 問屋様の情報源は膨大なものがあります。
 試飲会で得たプロフェッショナルたちの感触は上々で、
 有り難いことに少しずつ、注文も入るようになってきました。

 私たちが自信をもって選んだワインが、
 「ほんとに美味しいねコレ!」とプロが笑顔でうなずいてくださる。
 その瞬間は、すっきり壮快!なのです(笑。
 ソムリエが選んでくれたワインは、食事のお供として
 丁寧にお客様のグラスに注がれ、至福の食事が始まります。

 どんなに自分が気に入って仕入れた品物でも、
 共感してくれる人がいなければ、ただのガラクタに過ぎません。
 仕入れる作業より、それを味わってもらうことのほうが難しい。
 その思いは、創業以来変わっていません。

 理論よりも、心から「美味しい!」と思ってもらえるかどうか?
 感性にストレートに訴えかける、一瞬の真剣勝負がそこにあります。
 かつてオリーブオイルを輸入し始めたときと同じく、
 今度はワインのフィールドでそれが試されているようです。
c0003150_01074811.jpg
横浜そごうで、ドライトマトの量り売り。美味しいねやっぱり。
c0003150_01075743.jpg
優れたオリーブオイルに敬意を表し、ワイングラスで提供しました
c0003150_01080719.jpg
ABARTH東京にも出没!
c0003150_01081640.jpg
んと、記事にあまり関係ない画像かも(爆。
最後は最近物欲激しいFIAT500。いつか買うぞ♪



# by ryoji_shimizu | 2014-10-20 22:00 | お仕事 | Trackback | Comments(0)

最近あったこと【まとめ】

c0003150_01501129.jpg
分厚い和牛を切り売りしていただき、
ミディアムレアで焼いて食しました。
ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを模して
いただくそれには、やはりブルネッロが似合います。
c0003150_01502646.jpg
そんな豪華?なステーキディナーばかりでは飽きちゃいます。
たまには大阪名物「串カツ」に生レモンチューハイ。
人気のお店なので、歩いて18時前に並んで入店しました。
ハムカツとか魚肉ソーセージフライとかうずらとかグー♪
c0003150_01504183.jpg
9月末に、初の自社試飲会(業務向け)を開催。
白金台の裏通りにある中国風茶館を貸し切りました。
15種類の直輸入ワインをあけてプロのご意見を。
開けてすぐ楽しめて、エレガントな樽熟成の単品種ワイン。
概ね肯定的なご意見で、ほっとしました。






# by ryoji_shimizu | 2014-10-12 01:56 | プライベート | Trackback | Comments(0)

イタリア・スローフード食材の旅2014春(最終回)

c0003150_17101065.jpg
MAJANIが用意してくれたハイヤーに揺られ、
ボローニャの中心にまた戻ってきました。
ここでスタッフA子とお別れ。
彼女はこの後ローマ経由で帰国するそうです。
ワインを一緒に選んでくれたワインエキスパート・
宮G氏も明日には帰国。皆様、お疲れさまでした。
ということでイタリアでの打ち上げに向かった「CESARI」。
c0003150_17111752.jpg
このお店、実はFIATチョコレートの本店の真向かいに。
今回初めて入店するのは、地元で暮らす澤井さんの
ご紹介があったからです。
Facebook等を通じて東京で一度お会いしており、
今回の旅行ではぜひボローニャを案内したいとのお申し出。
市内でおすすめのお店をご紹介してもらったというわけです。

お会いしてすぐ、彼女から「お土産を」いただきました。
それがこれ。ワイヤーで作ったイタリア地図アートです。
c0003150_17113558.jpg
写真ではわかりにくいですが、細い針金をクルクルと泳がせ、
イタリアの地図の中に様々なアイテムを埋め込んでいます。
「Bellissimo」という文字に始まり、
よく見ればベリッシモが扱う代表商品の小さな絵がぎっしり!
これにはとても驚き同時に、大変感激しました。
言うなれば、ベリッシモだけの世界で一つのオリジナル・アート。

よくぞこんな器用な仕事がイタリア人にできるものですね!
と澤井さんに尋ねたところ、さにあらず。
こちらもやはり、ボローニャに暮らす気鋭の日本人アーティスト、
Chiz Kobayashiさんの作品だったのです。素晴らしい!!
地元でも高い評価を受けていて、引っ張りだこの彼女。
先頃、日本のBS番組でも取り上げられていました。

c0003150_17114729.jpg
さて嬉しいプレゼントをいただいた後は、最後のボローニャ料理を。
本場ならではのモルタデッラを銘醸ワインとともに味わいます。
外してはならないスープ仕立てのプリモピアット
「トルテッリーニ・イン・ブロード」の次に食べたのがこちら。
「グラミーニャ」という、ほうれん草を練り込んだ短めの手打ちパスタ
ラグーソースに合わせた太めのパスタがめっちゃ旨いのです。
c0003150_17120512.jpg
c0003150_17122238.jpg
満席の店内で次々繰り出されたお料理に舌鼓を打ち、
我々は「二次会」に向かいました。
広場をゆっくり横切ってそぞろ歩きしながら向かった先は
「ジェラテリア・ジャンニ」。
澤井さん曰く、今ボローニャで一番人気のジェラート屋さん。

夜中の10時を過ぎても、店内は満員。
さすがです。食事の後のデザートは、こういう店で
楽しんでから帰宅したいものですね〜。
順番を待って、めいめい好みのジェラートをゲットしました。
一番人気はピスタチオらしいけれど、
私が必ず注文するのは「フィオール・ディ・ラッテ」。
ミルクの味わいがお店によって異なるのを楽しむのです。
c0003150_17124350.jpg
c0003150_17124985.jpg
c0003150_17125716.jpg
パルマの展示会からスタートした春のイタリア買付け旅行は
ピエモンテ〜トスカーナ〜ボローニャを巡る1週間。
ほとんどワイン漬けの旅でしたが、収穫はあり余るほど。
何と言っても、ピエモンテのワインの美味しさは比類ありません。

これら見つけて来た商品たちが実際に世の中に出るのは
秋がスタートする9月です。
新しく始めたワインは本当にどれも外せないくらい美味。
真っ先に、自分たちが飲みたいワインです。

いろいろよくしてくれた旅先の皆様に、深く感謝。
最後にもらったオブジェは、田園調布のお店に飾ることにします。
有難うございました!!!

(終わり)




# by ryoji_shimizu | 2014-10-04 18:05 | お仕事 | Trackback | Comments(2)

第3回イタリア・手作りジェラートセミナー開講!

c0003150_17413019.jpg
日本でも珍しい手作りのジェラートはイタリアでももちろん、大人気。
フィレンツェのジェラテリアで修行を重ねたのち、
その奥義を惜しげもなく披露してくださるのが齋藤由里先生です。
第一回目、二回目ともに満席御礼。
何よりも、完成品を頬張った皆様の感動が伝わってきます。
もしかしたらイタリアで食べるよりも美味しいかも?な
ピスタチオ・ジェラートは欠かせません。
この美味しさの作り方は、もちろんセミナーに参加した方だけの秘密です。
c0003150_17412960.jpg
c0003150_17412648.jpg
c0003150_17413034.jpg
今日はピエモンテの微発砲白ワイン「モスカート・ダスティ」で
乾杯してからセミナースタートとなりました。
今回は「カフェシチリアのトローネを使ったセミフレッド」も
教えていただくことになりました。

セミフレッドは「少々凍っている」といった意味です。
文字通り、凍っていないトローネとジェラートのミックス。
もともと完成した味わいのトローネは、
もちろんあのノートのカフェシチリアオーナー、
ラード・アッセンツァ氏が手作りしたもの。
c0003150_17412814.jpg
ブルーマウンテンのコーヒー豆がスパイスとなった
定番アーモンド・トローネです。
これをアレンジしたセミフレッド、極上でした〜!
好評のジェラート・セミナー、アンコール開催は10月25日(土)!
1部、2部ともに受付開始いたします。




# by ryoji_shimizu | 2014-09-28 21:38 | お仕事 | Trackback | Comments(2)

イタリア・スローフード食材の旅2014春(12)

ボローニャで朝を迎え、我々はチェントロ(街の中央)に向かいました。
毎年、必ず訪れるMAJANIチョコレートの本店は
チェントロの裏側に今年もひっそりと佇み、
いつもと変わらないクラシカルな空間を保っていました。
c0003150_00290851.jpg
c0003150_00290937.jpg
c0003150_00291092.jpg
お店はそろそろ夏を迎えることもあり、
チョコレートよりも夏向けのジェリーなどがラインナップ。
7-8月はクローズしてしまうお店です。
c0003150_00291131.jpg
c0003150_00291212.jpg
私のことを覚えてくれるお店の店長さんと久しぶりに挨拶を交わし、
次は郊外にあるMAJANIチョコレートの本社兼工場に向かいました。
チェントロからはタクシーで高速を飛ばして行きます。
早速、商談。
今年の冬に行われた日本のバレンタインフェアを振り返り、
今後のビジネス展開についても打ち合せ。さらに、
秋から発売開始予定の新らしい製品のチェックを行います。
c0003150_00291336.jpg
c0003150_00291451.jpg
既にイタリア国内向け展示会を終えており、
本社工場は次の生産活動に向けて準備を進めているところ。
いつもこの時期に訪問するのですが、
ちょうど秋冬向けカタログが出来上がったばかりで、
我々にとっては好都合な時期なのです。
c0003150_00291431.jpg
c0003150_00291586.jpg
これまで、製品は知りながらも現地工場を訪問するのは初めての
スタッフA子と宮Gを連れて、工場見学を行いました。
世界中からカカオ豆を直輸入し、
生豆の段階から焙煎してチョコレートを一貫して作るMAJANI。
イタリアで最古のチョコレート工場です。
c0003150_00315513.jpg
日本ではとりわけ厳しい対応を迫られる異物混入を回避するべく、
我々のリクエストにより導入されたのが、赤外線透過装置。
このように、日本市場もかなり意識した投資を行ってくれました。
金属はもちろん、プラスチック片をも感知することができるそうです。
c0003150_00291633.jpg
これは一体なんでしょう?
正解は、包装される前の裁断済みチョコレートの山です。
一粒あたりおよそ10グラムにカットされています。
c0003150_00315666.jpg
c0003150_00315663.jpg
2時間に及ぶ商談と工場見学を終え、
MAJANI社長自ら、我々にハイヤーを呼んでくれました。
それがなかなかやって来なくて、催促の電話をしてくれた社長。
また次回の訪問を約し、熱いハグでお別れです。
今夜はボローニャ在住の友人と合流して最終ディナー。
お肉がおいしい店との噂で、楽しみです。

(続く)


# by ryoji_shimizu | 2014-09-21 00:52 | お仕事 | Trackback | Comments(2)



さすらいのスローフーダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
第9回「アペリティーヴォなワ..
at 2015-03-08 01:45
幕張メッセで2015FOOD..
at 2015-03-08 01:28
2015バレンタインフェア、..
at 2015-03-08 01:21
今年も宜しくお願いします
at 2015-01-25 02:34
Merry Christma..
at 2015-01-06 19:14
Bellissimoのご案内
イタリア食材やキッチン雑貨、FIATチョコレート等を直輸入して販売するネットショップ「ベリッシモ -Bellissimo Inc.-」の店長やスタッフが、日々の出来事をアップしています。

よかったらぜひお店にも遊びに来てくださいね。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


==================
ブログ共通の人気ランキング
人気blogランキング

==================
お気に入りブログ
うちの食卓 Non so...
ハナウタまじりで***
イタリア料理留学日記
もぐもぐイタリア!
イロンナ・オモイヲ・ツメ...
浅葱色の空。碧の風。
CASA della YURI
ほのぼのしたいな日記~あ...
contrabbassi...
ラ ドル知ヱ 美ータ。
Happy Days
今日のお皿~イタリア料理...
写真で綴るイタリアの記憶
+Everyday+
布とお茶を巡る旅
酒とごはんとオヤツとスヌ子
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
カマタスエコのブログ
やり直しのイタリア語(+...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
すごいのよォ~ イタリア...
天使が舞い降りるFLOW...
ユキキーナの日記
食いしん坊の日記
ローマの平日 versi...
オリーヴオイルを追いかけて
暮らしのなかで circ...
美味しいwineを求めて
まめころりやおき
さはんじの茶飯事
Maison OCTOBRE
La Vita Tosc...
『キッチンから始まったセ...
スプーモと海
*イタリア料理紀行
Vivere in To...
シチリア時間Blog
8階のキッチンから   ...
イタリアを楽しもう!
Piano piano-...
NOYAU et cet...
「ミカログ」 ◆ 光を...
N's Kitchen*...
カッラーラ日記 大理石の...
YPSILONの台所 Ⅱ
ツレヅレハナコ blog...
うち育@cozy
シエスタ☆イタリア
~AMORE~
nel mio p!ccolo
Cucina Aroma...
BISIK-BISIK
シチリア時間BLOG 2
Amaretti
IL PISTACCHI...
イタリアワインのこころ
Holiday in T...
検索
以前の記事
カテゴリ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧