イタリア食材「ベリッシモ」店長日記

カテゴリ:プライベート( 70 )

最近あったこと【まとめ】

c0003150_01501129.jpg
分厚い和牛を切り売りしていただき、
ミディアムレアで焼いて食しました。
ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナを模して
いただくそれには、やはりブルネッロが似合います。
c0003150_01502646.jpg
そんな豪華?なステーキディナーばかりでは飽きちゃいます。
たまには大阪名物「串カツ」に生レモンチューハイ。
人気のお店なので、歩いて18時前に並んで入店しました。
ハムカツとか魚肉ソーセージフライとかうずらとかグー♪
c0003150_01504183.jpg
9月末に、初の自社試飲会(業務向け)を開催。
白金台の裏通りにある中国風茶館を貸し切りました。
15種類の直輸入ワインをあけてプロのご意見を。
開けてすぐ楽しめて、エレガントな樽熟成の単品種ワイン。
概ね肯定的なご意見で、ほっとしました。






by ryoji_shimizu | 2014-10-12 01:56 | プライベート

おうちディナー「ズッパ・ディ・ペッシェ(魚介入りスープ)」

c0003150_01217100.jpg


by ryoji_shimizu | 2013-09-22 00:33 | プライベート

シンプルが一番だね♪

c0003150_0363045.jpg

A-5クラスのヒレ肉が安く手に入りました(スーパー田園有難う♪)。フィオール・ディ・サーレ(海に浮かぶ最上級のお塩)をグリルパンに散らし、シチリア産オリーブオイルで外側をこんがり強火で焼き上げる。いいお肉をシンプルに調理すれば、おうちでリストランテになるね♪
by ryoji_shimizu | 2013-09-01 07:30 | プライベート

FIAT500よ永遠に♪

c0003150_1502824.jpg

新車発売から40年余り経た今でも、修理しながら立派な現役!直せれば何十年でも乗れるのさ!見習うべきですよね~。イタリア人にとってのフォルクス・ワーゲンとでもいいましょうか。小気味よいクルマは彼らのアイデンティティ♪
by ryoji_shimizu | 2013-08-03 01:51 | プライベート

冷蔵庫に残った具材でお夜食パスタ

c0003150_12471467.jpg

週末、飲んだ後とかつい食べたくなるパスタをご紹介しましょう。
冷蔵庫に残った食材で作りました。具材は以下のとおり。

・パスタマンチーニ(ロングタイプ1.9mm)
・オリーブオイル
・剥き海老
・生椎茸
・パプリカ
・スパイスミックス「スパゲッタータ・ピッカンテ」

材料は細かく刻んでおきます。ニンニクで香りづけしたたっぷりのオリーブオイルに、フィレンツェの市場から取り寄せたスパイスミックスを隠し味に小さじ1杯程度。これ、実は重要ポイント。少しピリカラになります。塩も含まれているので、これ以上のお塩は不要です。

椎茸、パプリカ、海老の順番で炒め合わせ、間髪入れず白ワインを一振り。さらにパスタの茹で汁を小さめのおたま一杯程度混ぜ合わせて一気に強火。ここで油と茹で汁を乳化させるのがポイントです。

11-12分と、少々長めに茹でたマンチーニ・パスタを投入したら10回くらいフライパンを振ってよく混ぜ合わせると、さらに美味しくなります。仕上げは甘さが乗ったバルサミコ酢。これは海老の美味しさを引き立ててくれます。和風が好みなら、ここでいいお醤油をほんの少しでもいいですね。混ぜる際は火を止めてくださいね。

c0003150_12463355.jpg

Buon Apettito(ブォナペティート「いただきます」)!!!
by ryoji_shimizu | 2013-02-24 00:52 | プライベート

「ピッツァは正統ピッツェリアで!」

c0003150_128531.jpg

 正月料理に飽き、好みのピッツェリアに夕食に出かけました。
 歩いて10分ほどにある、自由が丘の小さな店。
 大きな釜がデーンと据えられ、カウンター越しに目の前で全ての作業を
 見ることができる貴重なロケーションです。

 ピッツェリアといえば、毎年でかけるイタリアの街角で
 少なくとも1回は口にしてきましたが、これほど地方によってまた店に
 よって味が異なる食べ物も珍しいですね~。

 フチが盛り上がっていて焦げ目がついたジューシーなナポリタイプが
 個人的にオススメ。ナイフとフォークでまずはフチを切り取り、
 アツアツの真ん中を急いで食べた後、残ったフチをゆっくり楽しみます。

 ナポリ近郊サレルノ地方は、何といってもモッツァレッラチーズの本場。
 朝早く作ったチーズが運ばれて、昼にはピッツァに変身するのですから、
 美味しくないわけがないです♪

 ところが、この地方以外のピッツェリアでは「ナポリピッツァ」の
 レベルがどうしても下がっていくのです。
 だから、ほとんどナポリにはでかけなくなった今では
 「感動するピッツァ」には出会えずじまい。

 むしろ最近、日本で食べるナポリピッツァのほうが格段に美味しい。
 本場の三分の二から半分程度の大きさになってしまうけれど、
 小さな胃袋なので、残してしまう心配も無用でむしろ宜しい。
 問題は現地との価格差ですが、これもデフレによって解消し、
 それほど変わらなくなってきました。


 イタリアでは、ピッツァはピッツェリアで食べるもの。


 普通のレストランでピッツァを頼むなんて野暮なことはいたしません。
 (ピッツェリアリストランテという業態は例外です)
 日本でお好み焼きを食べるときは、お好み焼き専門店に行くでしょ?
 それとまったく同じ理屈です。そもそも庶民的な食べ物ですから、
 まったく気取りもなく、コーラとピッツァだけでたいそう賑やか。

 軽くサラダを前菜にワインを楽しみ、待つことしばし。
 ピッツァイオーロ(ピッツァ職人)が、大きなヘラに乗せて
 高温になった大きな薪釜にピッツァを投入します。
 マルゲリータと、ズッキーニ&アンチョヴィのピッツァです。

c0003150_1282863.jpg

 じーっと時計をチェックしていたのですが、早いときは1分、
 長くても2分程度で目の前に焼きあがったピッツァが出されました。
 700度以上の高温の釜で、あっという間にチーズもとろとろに!
 薪の焦げた香りがたっぷり移った素晴らしいピッツァでした。


 自由が丘「PIZZA17」 TEL:03-6421-1724 
by ryoji_shimizu | 2013-01-13 06:30 | プライベート

カニとズッキーニのリゾット

c0003150_130741.jpg

お昼の賄いゴハンにしてはモッタイナイくらい美味しいリゾットを作ってもらいました。
カニの身とズッキーニだけのリゾット。たっぷりオリーブオイルを使うので、
それが具材によく染み込んで美味しくなりますね!
c0003150_1258270.jpg

最後は、出来上がったリゾットにチーズをたっぷりすりおろして
好みの塩加減でいただきます。おかずは、米茄子をカットして
バルサミコとオリーブオイルで炒めたアグロドルチェ。大葉も散らしてます。
c0003150_1311260.jpg

大満足のランチタイム!
ご馳走様でした♪
by ryoji_shimizu | 2012-09-30 11:00 | プライベート

パスタマンチーニのレモン醤油風味

c0003150_23334699.jpg

酷暑続きの2012年、ようやく空が高くなりつつありますね。
ランチに、軽めで食欲がわきそうなレシピをチョイスしてみました。

【パスタマンチーニのレモン醤油風味】
=材料=
・パスタマンチーニ1.9mm 80g
・ピーマン 1/2個
・ブラックタイガーなどの太目のエビ 2本
・にんにく 1片
・EXVオリーブオイル「PRIMO D.O.P.」 大匙2
・レモンオイルコンディショナー 大匙1
・醤油 小匙1
・海塩 適宜
・白ワイン 適宜

=作り方=
1.スパゲッティは塩分濃度1%のお湯で11分きっちり茹でる
2.フライパンにたたき潰したニンニクをおき、オリーブオイルをひいて
3.弱火でじっくりニンニクをキツネ色になるまで炒め、ニンニクは取り出す
4.エビとピーマンを大きさを揃えて一口サイズにカットして塩を振る
5.3で香りをつけたオリーブオイルにエビを投入し、中火で手早く炒める
6.5に白ワインを振り、強火でさっとアルコール分を飛ばす
7.6にピーマンを加えて炒め、パスタの茹で汁をおたま半分加えて一気に過熱
 ※オリーブオイルと水分が「乳化する」ことがポイントです
8.茹であがったパスタを7に加え、鍋肌に醤油をほんの少し回す
9.火を完全に止めてフライパンをあおり、よく混ぜ合わせる
10.仕上げにレモンオイルコンディショナーを少量混ぜ合わせて完成

しっかり乳化したトロトロ状態のソースに、タイミングを合わせて茹であげた
スパゲッティをよく混ぜ合わせる(←ココ重要)と美味しいですよ♪
レモンオイルのレモンと、隠し味のお醤油がちょっぴり和風。

ご馳走様でした♪
by ryoji_shimizu | 2012-09-08 23:54 | プライベート

牡蠣のアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

ゴロゴロとのんびり過ごした日曜日、ふと目にした料理番組。
早速、牡蠣を買いに自転車を走らせました。
今夜の東京は風が少し冷たいです。
c0003150_053647.jpg
新鮮なイタリアンパセリを刻み、
ゆっくり焦がしたニンニク風味のオリーブオイルに投入。
鮮やかなグリーン色のパセリが魚介類を美味しくさせます。
c0003150_0913100.jpg
白ワインは、素敵なナイスミドルのソムリエからのいただきもの。
美味しー!
c0003150_011731.jpg
前菜は、夕べ仕込んだヒラメの昆布締め。
今日はレモンオイルとお塩につけながらいただきます。
ワサビとお醤油ももちろん美味しいけれど、
昆布の旨味たっぷりの白身には、こいつが絶妙なのでした♪
by ryoji_shimizu | 2012-02-27 00:13 | プライベート

新年会にて「失楽園?なべ」

まだお正月気分なので、贅沢な食材の話題もまた宜しいかと。
c0003150_0583227.jpg
知人のK夫妻に招かれて鍋パーティへ。
c0003150_05978.jpg
M氏が宮崎から大事に持ち帰った35年ものの貴重な焼酎とともに、
現れたのが「シャラン鴨」。
トゥール・ダルジャンで使われている鴨なんだそうです。
お肉の色が見事!そして脂分が引き締まっております。
c0003150_0595483.jpg
先日急逝した映画監督の名作「失楽園」で、
ワインのお供にいただいたのが鴨鍋だそうです。
三つ葉やミズナの代わりに投入されたのは、クレッソン。
あ、お味は醤油ベースです。たいへん美味しくいただきました。
希少な食材を使った豪華な新年会にお招きくださり、
K夫妻様有難うございました!


さてそろそろ、正月気分もおしまい。
週明けからはきっと怒涛の忙しさに見舞われるでしょうね・・・。
by ryoji_shimizu | 2012-01-08 01:06 | プライベート



さすらいのスローフーダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新の記事
第9回「アペリティーヴォなワ..
at 2015-03-08 01:45
幕張メッセで2015FOOD..
at 2015-03-08 01:28
2015バレンタインフェア、..
at 2015-03-08 01:21
今年も宜しくお願いします
at 2015-01-25 02:34
Merry Christma..
at 2015-01-06 19:14
Bellissimoのご案内
イタリア食材やキッチン雑貨、FIATチョコレート等を直輸入して販売するネットショップ「ベリッシモ -Bellissimo Inc.-」の店長やスタッフが、日々の出来事をアップしています。

よかったらぜひお店にも遊びに来てくださいね。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


==================
ブログ共通の人気ランキング
人気blogランキング

==================
お気に入りブログ
うちの食卓 Non so...
ハナウタまじりで***
イタリア料理留学日記
もぐもぐイタリア!
イロンナ・オモイヲ・ツメ...
浅葱色の空。碧の風。
CASA della YURI
ほのぼのしたいな日記~あ...
contrabbassi...
ラ ドル知ヱ 美ータ。
Happy Days
今日のお皿~イタリア料理...
写真で綴るイタリアの記憶
+Everyday+
布とお茶を巡る旅
酒とごはんとオヤツとスヌ子
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
カマタスエコのブログ
やり直しのイタリア語(+...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
すごいのよォ~ イタリア...
天使が舞い降りるFLOW...
ユキキーナの日記
食いしん坊の日記
ローマの平日 versi...
オリーヴオイルを追いかけて
暮らしのなかで circ...
美味しいwineを求めて
まめころりやおき
さはんじの茶飯事
Maison OCTOBRE
La Vita Tosc...
『キッチンから始まったセ...
スプーモと海
*イタリア料理紀行
Vivere in To...
シチリア時間Blog
8階のキッチンから   ...
イタリアを楽しもう!
Piano piano-...
ピアニスト田中理恵 -の...
NOYAU et cet...
「ミカログ」 ◆ 光を...
N's Kitchen*...
カッラーラ日記 大理石の...
YPSILONの台所 Ⅱ
ツレヅレハナコ blog...
うち育@cozy
シエスタ☆イタリア
~AMORE~
nel mio p!ccolo
Cucina Aroma...
BISIK-BISIK
シチリア時間BLOG 2
Amaretti
IL PISTACCHI...
イタリアワインのこころ
Holiday in T...
検索
以前の記事
カテゴリ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧