イタリア食材「ベリッシモ」店長日記

<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

イタリア・スローフード食材の旅2014春(10)

c0003150_18233623.jpg
小さなトスカーナの村を車で巡った最後の締めくくり、
それはキャンティクラシコで有名な赤ワインの産地
ガイオーレ・イン・キャンティの小さな村
「ロッカ・ディ・カスティリヨーネ」です。
この村は、キャンティ地方の高台にひっそりとある村で、
村全てがワイン作りとオリーブオイル作りに携わります。
その中心地にはワイナリーとレストランがあり、
世界各地から見学客が訪れるのだとか。
c0003150_18205444.jpg
c0003150_18210456.jpg
c0003150_18223269.jpg
c0003150_18211713.jpg
ワインは既に日本にも輸入されているのですが、
オリーブオイルはベリッシモが初めての輸入です。
オイルを紹介してくださったオリーブオイル・ソムリエの
Mさんは日本各地でオリーブオイル講座を開いており、
本当に美味しいオリーブオイルを知り尽くしたプロ中のプロ。
このところ人気が出ている若手のイタリアンシェフからも
絶大な信頼がある人物です。

「凄くいいオイルだからベリッシモで輸入してみてはどうかしら?」
そんなご提案をいただき、今回初めてやってきたのです。
ベリッシモでは他に二つのオイル製造メーカーと
取引がありますが、シチリアとリグーリアが産地であり、
地方毎に味が全く異なるオリーブオイルの世界の中で
きりりと引き締まった濃いグリーン色をしたトスカーナの
オリーブオイルはぜひとも欲しかったところでした。

さてトスカーナ産のオリーブオイルといえば、
喉を通る際の「辛さ」そして「若草のような香り」が特徴です。
肉料理や豆を使った料理がとても美味しいトスカーナ地方で
それらのお料理には、このタイプのオイルがぴったり合うのです。
フルーティさが身上でトマトにぴったり合うシチリア産オイル。
デリケートさが魚料理にぴったり合うリグーリア産オイル。
c0003150_18230609.jpg
c0003150_18225297.jpg
c0003150_18233623.jpg
c0003150_18232020.jpg
c0003150_18240021.jpg
大雑把に言えば、そういう分け方になるでしょうか。
当日、レストランでいただいたお肉料理と合わせると
改めてその素晴らしいマッチングを楽しむことができました。
そして、色はどのメーカーのものよりも深い緑色。
極めて高品質なオリーブオイルと言えるでしょう。
ベリッシモのオリーブオイルラインナップがまた一つ、
充実しました!
c0003150_18242747.jpg
c0003150_18250219.jpg
最後に、食後の甘い赤ワイン「ヴィンサント」を
デザートチーズに合わせていただきました。
美味しかった肉料理の締めくくりにぴったりの組み合わせ。
オトナなイタリアンは、こうでなくちゃね。

(続く)

by ryoji_shimizu | 2014-08-24 13:31 | お仕事

ベリッシモ「本場のイタリア・ジェラート作り教室」

c0003150_02090305.jpg
本場のジェラート(ジェラー「ド」と呼ぶ人がいますが、Gelato)とは
いったい、アイスクリームとどう違うのだろう??
まだ本場のジェラートを食べる以前の、私の素直な疑問でした。
我々日本人にとって、アイスクリームはカキ氷と並ぶ夏のデザート。
肌を刺してくる真夏の陽射しを和らげてくれるご馳走です。
近年、平均気温が上がり亜熱帯化していると言われる日本ですが、
私が経験した真夏のイタリアは思考回路が止まるくらい、更に強烈です。
「夏のバカンス」とは、彼の地に住む人々にとってみれば
我々日本人が言う「避暑」ではなく「酷暑からの避難」と
呼ぶ方がふさわしいのかも知れません。
そんな環境が、イタリアにプレゼントしてくれたのでしょう。
イタリアのジェラート、グラニータは世界一美味しいものです。
そこで、ジェラートに恋をし、本場のジェラテリアで修行を敢行した
ホットな先生に、習得した「技」を伝授してくだるようお願いしました。
c0003150_02090464.jpg
c0003150_02090025.jpg
手作りのジェラートは、フィレンツェにある手作りジェラート屋さんの
本物・純粋なレシピを再現したものです。
日本で普通に売られている市販品とは少々異なる、
これぞ本物品質のジェラートでした。
c0003150_02090515.jpg
c0003150_02090379.jpg
c0003150_02090064.jpg
お料理と同様、美味しいジェラートはまず素材の吟味から。
あとはちょっとした工夫と努力で、あの素晴らしい
イタリアン・ジェラートが家のキッチンでも作れるのです。
参加された皆様は、口々にその美味しさを絶賛されていました。
まさにリアル・イタリアン・ジェラート。
近づく台風に負けない、熱い1時間を過ごさせていただきました。
先生、有難うございました。
そして参加された皆様にあつく御礼申し上げます。
c0003150_02090126.jpg
c0003150_02090221.jpg
c0003150_02085988.jpg

次回は9月中旬に第3回目を開催予定です。
お楽しみに!







by ryoji_shimizu | 2014-08-11 12:45 | お仕事

イタリア・スローフード食材の旅2014春(9)

c0003150_01081527.jpg
c0003150_01294923.jpg
c0003150_01302578.jpg
昼食は、さきほどみんなで手打ちした手打ち麺「PICI(ピーチ)」。
ダイニングテーブルには、昨年と同じようにペコリーノ・トスカーノと
スライス仕立ての自家製生ハムそしてブルネッロのワインが並びました。
それらは全て、元々は畜産農家だったこのワイナリーの自家製です。
c0003150_01083472.jpg
c0003150_01301517.jpg
幻の古代豚、チンタ・セネーゼを始めとして
地鶏やウサギも広大な敷地で遊んでいます。
冷蔵庫になっている小さな小屋には、そのチンタ・セネーゼを使った
プロシュット(生ハム)やチーズがたっぷり貯蔵されています。
c0003150_01092406.jpg
c0003150_01112985.jpg
c0003150_01095101.jpg

そんなご馳走を、少しずつ私たちのような客人に差し出してくれます。
自給自足。
その生活はたいそう豊かなものに思えました。
もちろん、大自然を相手にした農家の生活、厳しいでしょう。
信州の農家の家系に生まれながら、大学進学を機に
都会に住む私のような者には到底、理解できないことです。
大地の恵みを堪能したあとに、小さな村「ピエンツァ」を訪ねました。
c0003150_01124984.jpg
c0003150_01123614.jpg
c0003150_01131585.jpg
c0003150_01134979.jpg
柔らかくミルキーなペコリーノ・トスカーノ・チーズで有名です。
トスカーナには、このような美しい小さな村が数多く点在し、
中世の面影を当時のまま残しています。
それはまるで日本の農村に近いものがありますが、
イタリアの小さな村はその遺産を観光資源として世界中から
訪問客が絶えることがありません。
c0003150_01141435.jpg
c0003150_01142335.jpg
c0003150_01144522.jpg
美しい日本は今、ヨーロッパから憧れの目で見られています。
友人のイタリア人は、日本に行くなら農村を見たいと言います。
日本の美しい農村も、イタリアの農村も、素晴らしい。
そう率直に思った、5月半ばのトスカーナでした。






by ryoji_shimizu | 2014-08-10 04:11 | お仕事



さすらいのスローフーダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新の記事
第9回「アペリティーヴォなワ..
at 2015-03-08 01:45
幕張メッセで2015FOOD..
at 2015-03-08 01:28
2015バレンタインフェア、..
at 2015-03-08 01:21
今年も宜しくお願いします
at 2015-01-25 02:34
Merry Christma..
at 2015-01-06 19:14
Bellissimoのご案内
イタリア食材やキッチン雑貨、FIATチョコレート等を直輸入して販売するネットショップ「ベリッシモ -Bellissimo Inc.-」の店長やスタッフが、日々の出来事をアップしています。

よかったらぜひお店にも遊びに来てくださいね。
  ↓  ↓  ↓  ↓  


==================
ブログ共通の人気ランキング
人気blogランキング

==================
お気に入りブログ
うちの食卓 Non so...
ハナウタまじりで***
イタリア料理留学日記
もぐもぐイタリア!
イロンナ・オモイヲ・ツメ...
浅葱色の空。碧の風。
CASA della YURI
ほのぼのしたいな日記~あ...
contrabbassi...
ラ ドル知ヱ 美ータ。
Happy Days
今日のお皿~イタリア料理...
写真で綴るイタリアの記憶
+Everyday+
布とお茶を巡る旅
酒とごはんとオヤツとスヌ子
青木純の歌う食べる恋をする
食べること&日々の徒然・・・
カマタスエコのブログ
やり直しのイタリア語(+...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
すごいのよォ~ イタリア...
天使が舞い降りるFLOW...
ユキキーナの日記
食いしん坊の日記
ローマの平日 versi...
オリーヴオイルを追いかけて
暮らしのなかで circ...
美味しいwineを求めて
まめころりやおき
さはんじの茶飯事
Maison OCTOBRE
La Vita Tosc...
『キッチンから始まったセ...
スプーモと海
*イタリア料理紀行
Vivere in To...
シチリア時間Blog
8階のキッチンから   ...
イタリアを楽しもう!
Piano piano-...
ピアニスト田中理恵 -の...
NOYAU et cet...
「ミカログ」 ◆ 光を...
N's Kitchen*...
カッラーラ日記 大理石の...
YPSILONの台所 Ⅱ
ツレヅレハナコ blog...
うち育@cozy
シエスタ☆イタリア
~AMORE~
nel mio p!ccolo
Cucina Aroma...
BISIK-BISIK
シチリア時間BLOG 2
Amaretti
IL PISTACCHI...
イタリアワインのこころ
Holiday in T...
検索
以前の記事
カテゴリ
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧